『アド街で紹介!!』 焼きカレー 6個入

『アド街ック天国』で紹介された焼きカレー!焼きカレー界の第一人者である店主は日本発の焼きカレー本を出版!カレーミュージアム殿堂入りを果たした味をご賞味あれ!

販売価格:¥2,880





TVでも紹介されました!

天野周一様の声
アド街ック天国 放映




2008年12月 店主による日本初の焼きカレー料理本が発売!

『元祖 焼きカレー屋』






門司港発祥 伽哩本舗の『焼きカレー』

納得できない”焼きカレー”は出さない
昭和30年代から作り続けたこだわりのカレー

熱いからこそ最後まで美味しく食べらる「焼きカレー」・・!それが クセになるご飯にカレソースをかけ、卵そして少量のチーズをのせて、オーブンで焼いた料理が「焼きカレー」これこそまさしく、香しき「元祖焼きカレー」である。







焼きカレーのレシピ

焼きカレー・1 まず耐熱鍋にご飯を200gほど入れます、その際鍋の内側にバター又はサラダ油、オリーブ油などを塗ると焦げ付きを防ぐことができます。
写真のご飯は、十穀米入りです。
焼きカレー・2 次にカレーソースをごはんの上にまんべんなくごはんが見えなくなるようにかけます(カレーソースは市販のものでも良いが予め味をみて好みで醤油、ソース、味噌、市販のガラムマサラなどで味の調整をするとより一層美味しく仕上がるでしょう。)
焼きカレー・3 美味しそうな卵が卵黄が中心になる様に乗っかっています、前もってスプーンで窪みをつくっておくと卵を落としやすいと思います。
焼きカレー・4 さて次にと ろけるチーズを卵黄の上に少量かけます、「焼きカレー」はグラタン、ドリアの様にチーズを多く使う料理と違い、カレーと卵を焼くことによってカレー本来の 味を短時間でより凝縮し味わえる料理と私は思っています、しかし卵黄が破裂することがありそれで卵黄を被覆することを目的として少量のチーズを使っています。
焼きカレー・5 今回は「海老の焼きカレー」にしました

海産物は基本的に生のまま焼いたほうが美味しいでしょう、海鮮のエキスが焼くことによって混ざり合いソースの味も変化するでしょう。
あとはオーブンに入れて焼き上げるだけです
予めオーブンは高温でスタンバイして下さい。
焼きカレー・6 さあ出来上がりました、焼くポイントは高温にて短時間で仕上げること、なぜなら短時間で焼くことによって卵黄がとろける状態に仕上がります、しかしオーブンによっては上手に出来ない事も・・・!

ぜひ試してみてください。




「伽哩本舗のカレー」原点は母の作ってくれたカレーの味でした

1926年頃、日本では家庭用オーブンが発売され父が電気店をしていた為か、
私が生まれ育った門司港の家では電化製品の導入が早く、家庭料理にも
オーブンを使用することが多かったように記憶している。

当時私が小学生になった頃だろうか、母親が余ったカレーをオーブンで焼く
ではないか、部屋中に香ばしいカレー「焼きカレー」の匂いが そして腹の虫
が鳴いたかは定かではないが、その 時の事を今でも思い出す。

「焼きカレー」とは、じゃがいも、にんじんがトロトロ に溶けたカレーに、
卵そして少量のチーズを卵黄 のみにのせ焼き上げる料理で、カレー
ソース本来の味を焼き上げることによって変化を楽しむ料理として考えている。
私自身長い間「焼きカレー」を食べ続けてきて昭和54年11月 に北九州市
八幡西区折尾に店をオープンする際、メニューの一品とする。

オープンして、1年も経たない内に雑誌、TV取材により焼きカレーは爆発的に
大 ヒットする。しかし,現実は「焼きカレー」のカレーソースの素となるブイヨンス
ープ作り、そしてスパイスの調合、毎日が試行錯誤の連続であった。

自分が満足する味ではない時は,大鍋に作ったスープを何度も捨てた。
納得できないものは出さない・・・
いつしか理想とするブイヨンスープもでき、平成10年北九州を出て、
「焼きカレー」にて、より多くの可能性を求め福岡での勝負を決意する。

福岡市博多区上川端町に「焼きカレー」専門店「伽哩本舗」オープン。
そして4年後に横濱カレーミュージアムからオファーが来る。
平成17年にはカレーミュージアム殿堂入りを果たし、「焼きカレー」が
全国的に知れ渡るようになる、しかしこれからがスタートラインで
本当の意味で、私が作る「焼きカレー」が誕生した瞬間でもあった。

 





門司港焼きカレー」の美味しさを

もっと多くの方々に味わっていただくために・・・



全国ブランドを目標とし、門司港焼きカレーの素晴らしさを知っていただきたく、
平成20年2月に門司港焼きカレー専門店を開店致しました。

また、
門司港焼きカレーMAP」の製作、
焼きカレーをテーマとしたイベントの開催、
PRなど様々な活動を行っています。

さらに、
門司港焼きカレーロゴマーク」を作成し、
焼きカレーの普及とブランド化に勤めています。